2007年05月16日

猫用空気清浄機。

 【猫のニオイ&猫砂の粉塵を除去するアイテム】

として、猫飼い必須機器となりつつある空気清浄機。

勿論、【ねこのみせ】にもあります。
試行錯誤を重ねて、今まで4機種5台購入しています。

今回は、その4機を紹介しましょう。


2007_05160046.jpg


■ダイキン フラッシュストリーマ MCYC706-W

ぴちょん君で人気のダイキン製空気清浄機。

ダイキンは空調機専業の国際大手メーカー。可愛いキャラと裏腹に、機能は実力派。
特に対花粉能力は随一と聞いて購入した。

確かに花粉・粉塵除去能力は素晴らしいものの、ニオイにはあまり効果無し。猫が大きくなるに従い、トイレ臭を処理できなくなった。2台に増やしたものの、さほど意味無くベンタを買う事にした。


※購入した2005年当時は人気トップだったが、現在、空気清浄能力では三菱電機プラズマッハ MA-806を押す声が多い。


2007_05160048.jpg


■ベンタ LW-24


「水で空気を洗う」という、珍しいタイプのドイツ製加湿空気清浄機。

要は水面に室内の空気を吹き付けて、埃やニオイ物質を吸着させるというだけ。ただ、これがえらい効果的。特に猫トイレのニオイは殆ど無くなった。

但し、加湿器としての能力は低め。空気清浄機としての能力も平均的。
フィルター交換が不要なのでランニングコストがかからないと思われがちだが、二週間に一度、水に入れるハイジェン液というのが高価。ただ、このハイジェン液は逆性石鹸と殆ど同じ成分なので「オスバンS」という安価な逆性石鹸で代用できる。ソフランCでもいいが、部屋中が柔軟剤くさくなる。

※吸気口が上部、吹き出し口が側面という設計上の問題から、設置場所・角度によってはニオイが吸い込まれず、かえって吹き出し口からの風にのって部屋内に拡散という危険性はある。

「これならニオイが取れるはず」と期待して購入し、期待以上の成果を上げてくれた。が、猫達が更に成長してトイレの数が増えると対応しきれなくなった。ベンタ2台目を買っても良かったが、試しに買ったのは下のもの。


2007_05160049.jpg


■シャープ KC-51C1


加湿空気清浄機。
空気清浄能力では三菱電機とダイキンのライバル機種に一歩譲るものの、除菌イオン機能搭載で、ウイルス系に強い。
ペットのニオイにも強いとされ、上位機種が動物病院などで使われている。

という点を見込んで購入。
消臭能力はベンタよりやや劣る感じ。ただ、除菌イオン機能は魅力。少しでも猫たちが病気になりにくい環境は欲しいですからね。

ちなみにアイリスオーヤマが出してるペット用空気清浄機は、このシャープとの共同開発製品。


2007_05160050.jpg


■富士通ゼネラル DAS-30P


脱臭機。
まさに脱臭能力に特化したもの。

評判いいので購入してみたら、驚異的。ベンタ LW-24以上の、桁違いの脱臭能力。
フィルターなどの交換品も不要で、ランニングコストが電気代だけというのも魅力。空気清浄機の機能はありませんが、猫のニオイに困ってる方にはコレが一番でしょう。


■おまけ なったんアフーン動画




その1。





その2。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ねこのみせ装備品。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/845107
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック