2006年12月19日

■将来、猫喫茶を作りたい。

というお客さんが結構来店されます。
特別な技術も要らず、初期費用も安く、注目度もあるし、ひとつ自分もやってみようと考えるのは自然なのですが...

広島ドッグパーク問題

こういう問題があるので、安易に「頑張ってくださいね」と言えないんですよね。
実際、台湾では猫喫茶3店が無くなってますし。

 店舗の3年生存率 :3割。
 会社の平均寿命  :昔30年。今10年。
 猫の平均寿命   :15〜20年。

こういう数字もあります。

ちなみに猫喫茶は儲かると考えてる方は多いようですが、【ねこのみせ】は二期連続赤字で、累積赤字300万累積債務約二千万と、普通なら潰れてもおかしくない数字を叩き出してます。

いや、他の店は違うでしょうという方は

ねこの部屋 あまえんぼう 9/21日記
http://amaenbou.a-thera.jp/article/470402.html

こちらをご覧になると良いでしょう。


あー、なんか夢の無い話になっちゃいましたね。
けど、夢だけじゃ現実やっていけませんからね。
たまには厳しい事も書かないとね。


2006_12160025.jpg


ねー、ポッキー。

ポッキーは明日いなくなる。
それもまた現実。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫喫茶を作りたい方へ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/642898
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック