2006年10月23日

■猫03:白玉

istDs6M200508270038.jpg


■猫03:白玉

大人しい、図書委員タイプの猫。
愛称、たま。


KIF_0676.jpg


■出身と来歴

東京都品川出身。
おそらくシャム猫かスノーシューの雑種。
あたるの隣家で生まれた半野良猫で、あまりの可愛さに貰い受けてきた。
2005/4/14生まれ。
女の子。




■性格

大人しい平和主義者。
喧嘩を売られても買わず、常に控えめに行動している。
際だった個性が無いのが彼女の個性。

...と言いたいところだが、ひとつだけ際だった個性がある。
おやつを見ると別人になる点。

他猫を押しのけ、襲いかかる様は正に魔獣。
おやつを注文する人にとって、天敵ともラスボスとも言える存在。

好きなオモチャは、キラキラモール。


2006_04010053.jpg


■特徴

身体的にも、これといった特徴は無い。
標準サイズの白猫。
運動能力も並。
好きな人に抱っこされて撫でられると、いい声で鳴く。


KIF_0716.jpg


■対猫対人関係

平和主義者なので、基本的にどの子とも対立しない。

弟のにしん、お姉さん代わりに育ててくれた茶太狼とは非常に仲が良い。同じく小さい頃から面倒を見てくれたヴィクトリカも好きではあるが、愛人にしようと襲いかかってくるので怖がっている。
同じ白猫であるシャルロッテとは、喧嘩しながらも仲がいい。

小梅は侮って喧嘩売ったりからかったりするので、いまひとつ好きになれない模様。

お客さんには積極的に懐く事は無いが、避けもしない。
オーナーの側にいる事を好み、トイレまでついていく光景が見られる。


KIF_0776.jpg


■エピソード

・いまでこそ黒&グレーが大きく混じっているが、拾った当初は真っ白。ほわほわだった。

・いまでこそ大人しいが、拾った当初はやんちゃで、動きが速く、活発だった。茶太狼と同じ理由というところに、オーナーの底の浅さが窺える。

・自宅に連れてきた時もやんちゃで、ケージの格子をがじがじ囓ってた。あたるの腕もよく囓ってた。囓り癖があるようだった。

・拾った決め手は上述の性格とピンクの肉球、ピンクのおはな。当時溺愛していた茶太狼・ヴィクトリカに唯一足りないものは?と聞かれて、二人とも「肉球・おはながピンクじゃないことかなあ」と答えていた。ピンク偉大。

・勿論、外飼いだったのでノミがいた。初めてノミを見つけた時の恐怖。あれは都市型生活に慣れた人間には脅威。

・はじめて茶太狼に対面した時。速攻で喉元に噛みつかれ、蹴られ、ボコられた。この時、世の中には自分より強い生物がいる事を悟ったらしい。以後、いまのような大人しい性格になった。ちなみに茶太狼はやりすぎたと思ったのか、以後、甲斐甲斐しく世話を焼くようになった。

・大人しくなった白玉は、手出しできない弱虫に見えたのだろう。新加入の小梅に叩かれ、喧嘩を売られた。小梅の妹、小夏にもちょっかいをかけられた。二匹とも、茶太狼達には喧嘩を売らなかったので、明らかに白玉を舐めていた。小梅&小夏のちょっかいは茶太狼の取りなしもあって、すぐに止まった。しかし、時折ちょっかいかけられている。

・しかし、全くの無抵抗主義という訳でもなく。調子に乗った小梅に強烈な猫パンチを食らわし、僅か一撃で敗走させた事もある。喧嘩番長:にしんと日々プロレスで鍛えてるだけあって、喧嘩が弱い訳ではないのだ。

・シャルロッテには、従者orメイドと思われている節がある。他者を気遣う白玉は、それを許容しているので普段は仲がいい。が、一度大喧嘩した事があり、一ヶ月以上犬猿の仲となった。温厚な白玉が牙剥いて怒るので、よほどの事があったのだろう。しかし、丁寧にケアしてたら、いつのまにか仲直りしてた。

・弟にしんとは当初から仲が良い。にしんがシャルロッテと結婚する前後から疎遠になっていたが、半年ほどすると元通りの仲良し姉弟に戻った。過去に頓着しない性格らしい。

・目立たないところでフォローを入れるタイプで、生後8ヶ月までモテなかったヴィクトリカは良く茶太狼やシャルロッテにフラれては慰められていた。

・避妊手術するまではスタイルNo.1スレンダー美猫だった。が、避妊手術後、体重急増。白玉だんごになった。末は大福かと思われたが、シャルロッテとの大喧嘩の際、痩せた。現在は標準体型。ちなみに、発情を一回も経験せずに避妊手術すると太りやすくなるらしい。

・拾ってくれたオーナーに特に懐いており、よく膝上にのっている。撫でられると喜び、声をあげている姿が良く見られる。


KIF_0676.jpg


■入店の経緯

【ねこのみせ】の店舗工事が始まった頃。
品川のアパートに行っていたあたるより電話が。
聞けば、隣家の猫が子供を生んだとのこと。


 「でね、でね、可愛いんだよ〜」


 ...つまり、飼いたいって事だな?

ヴィクトリカが来て三ヶ月しか経ってないのに、なんつー浮気者だ。
そう思うオーナーの心中を知ってか知らずか、仔猫の可愛さをまくしたてるあたる。正直、猫初心者のオーナーには茶太狼とヴィクトリカ2匹で手に余る。第一、当時住んでたマンションは狭い上に、規約で飼えるのは猫2匹まで。3匹以上は駄目。無理。ゼッタイ。


一週間後。


品川にいた...。


件の玄関先には仔猫が5〜6匹。
確かに可愛い。
家主の方が言うには餌と寝床を提供してるだけで、飼いたいというなら自由に連れていって良いとのこと。


 「近くに大きい通りがあるからねぇ
  こないだも、この子の兄弟が轢かれちゃってねえ」


おいおい...あたるも、一週間後には4匹に減ってるかもしれないとか言い出すし。ちょ、おま、脅すつもりかえ?
とはいえ、このままスルーして帰るのも引っかかるし。で、アタマを冷やして散歩した後、結論。


 「わかった。1匹だけ引き取ろう。
  但し、一匹だけだ。」

 「うん、わかった!」


かくして、白玉が引き取られた。


KIF_0762.jpg


■経歴

2005/04/14 誕生。
2005/05/13 オーナー宅に。
2005/11/02 避妊手術。
2006/04/14 1歳の誕生日。


050505_1635~02_001.jpg

2005年05月05日。あたるの携帯より。

KIF_0755.jpg

2005年05月14日。オーナー宅に来て2日目。

KIF_0755.jpg

2005年05月20日。茶太狼初対面。

KIF_0767.jpg

2005年05月21日。微妙に蹴りたそうな茶の脚に注目。

KIF_0901.jpg

2005年06月。

KIF_0901.jpg

2005年10月。この翌月、避妊手術。

KIF_0901.jpg

2005年12月。避妊手術一ヶ月経過。

2006_03260010.jpg

2006年03月。大福化。


ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 16:53| Comment(5) | TrackBack(0) | ねこのみせ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
キャ〜ッ!!!!!!白玉ちゃんの回ですね!!!!!
実は彼女の事初めてねこのみせに来た時から
一目惚れしていたのですよ♪

>・シャルロッテには、従者orメイドと思われている節がある。

うぅ、これじゃまるであのかつて大ブレイクした
超ドロドロ昼ドラ”ボタバラ”こと『牡丹と薔薇』じゃないですかww
(小沢真珠演じる妹役が大河内奈々子演じる姉役に”奴隷”だの”召使い”だの”役立たずの豚”だの数々の名台詞を披露してくれたのを思い出したので・・・)

では、次回もまた楽しみにしてますね♪
Posted by 白玉ちゃん&チョフ君の一ファン at 2006年10月23日 17:34
猫紹介、すっごい楽しく読ませてもらってます(´ー`)就寝前に読んでぬはは!って笑ってにこやかに眠るのが日課ですよ。

うちは実家で猫飼っていて、いなかなので外にも自由に出てますが、先日家族が猫にあごのところにノミを発見して大騒ぎでした。(ノミがうんぬんというよりうちの猫に寄生しやがって貴様、的な)血を吸って大きくなったのかチクビぐらいの大きさになっていたとかで(((( ;゚д゚))))ガクブルものです。
Posted by マリコ at 2006年10月24日 00:25
白玉ちゃん、あたるさんに
「しらたま〜」
と呼ばれて
「ニャー」
といいお返事をする姿が印象的でした。
Posted by しず at 2006年10月24日 21:56
白玉ちゃんだいすきです! 
本当にいいこ!!
Posted by うた at 2006年10月25日 12:30
先日、猫おやつ体験しました。
白玉ちゃんの暴走ぶりすごいですね(笑

ぽるてちゃんや黒猫ちゃんにも
あげたいのに
ほとんど、たまちゃんに横取りされました・・。

でも、そんな、たまちゃんの必死さが
すごく可愛い。。(。・ω・)

でも、でも、たまちゃん。。
爪痛いょ・・・。
(あっ、痛いって言っても心配する
痛さじゃありません。)

猫おやつを注文しないと見れない
たまちゃんの暴走ぶりを是非みんなにも
見てもらいたいです。

次は、ぽるてちゃん等も食べられるよう
頑張ります!そして、たまちゃんの暴走
ぶりを見ます。
Posted by さかさか at 2007年07月11日 17:30
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/544511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック