2006年10月19日

■猫02:ヴィクトリカ

istDs6M200507020056.jpg


■猫02:ヴィクトリカ

最強の黒猫。
愛妻:茶太狼を支える【ねこのみせ】影のボス。

愛称は、ヴィー太・ヴィーちゃん。


KIF_0406.jpg


■出身と来歴

埼玉県出身。サイタマ!
ブリーダー宅で生まれた血統書付きベンガル。
ネットオークションサイトで発見したあたるがベタ惚れし、生後二ヶ月で譲り受けた。
2004/12/07生まれ。
男の子。


KIF_0405.jpg


■性格

温厚素直な性格で、大人な風格を漂わせる。
が、女と獲物に関しては容赦が無い。
特に女方面は厄介で、複数の子にアタックしては女の子同士の関係を悪化させたり、怯えるまで追いかけたりする。

しかし、そんな直結な所を自分なりに直そうとしているらしく、ご飯・オヤツ・獲物を他の子に譲る姿をよく見かける。

愛妻:茶太狼を見習って他の子の面倒もよく見ており、新加入猫の受け入れにも積極的。喧嘩最強の彼が無言で平和主義を貫いているからこそ、店内の平和が保たれていると言っていい。
ちなみに自分が種を蒔いたトラブルはスルーしている。

好きなオモチャは、ネズミ。


istDs6M200508270036.jpg


■特徴

野性味溢れるベンガル種らしく、大柄で筋肉質。
パワーは随一で、得意のメガトンパンチ一発で並の猫は吹っ飛ぶ。反射速度・野生のカンも鋭く、おもちゃ破壊数はダントツの一位。

3匹いる黒猫の中で最も大きく、ハラもでかい(笑
目は困った感じのグリーン。


KIF_2265.jpg


■対猫対人関係

温厚モードのヴィクトリカさんは、みんなに慕われ、畏敬の的。

野性モードのヴィクトリカさんは、みんなに怖がられ、敬遠の的。

一番の被害者は白玉で、朝来ると白玉毛が舞い散っている事がよくある。二番手が第二夫人:小梅。これも梅毛が散っており、二匹して店の隅や机の下に隠れている。
三番手はにしん。男の子ではあるが美猫であればOKらしく、よくのしかかられては泣いている。

一方で愛妻:茶太狼には顔が上がらず、いいようにコントロールされている。
息子シェーブル、孫すしとの関係は良好そのもの。
黒猫3匹で仲良くやっている。

他の子も温厚モードの時は仲良く一緒に寝たりしているが、第二夫人:小梅には激しく避けられている。小梅の妹:小夏には、男性として慕われている模様。ポルテにも想いを寄せられ、艶福家としての一面を持つ。

お客さんの人気は根強く、開店時から女性ファンが多い。
しかし本人は、自分を身請けして日々愛情を注いでくれるあたるにしか興味が無い模様。


KIF_0490.jpg


■エピソード

・後にベタベタに懐く飼い主あたるであるが、初期は「にゃんこ踊り」と称して無理矢理踊らされるなど、無体な事をされていた。オーナーなどは「これは嫌われるだろ」と本気で思っていた。ちなみにそのにゃんこ踊りの貴重な写真。


KIF_0428.jpg

 そーれ。

KIF_0428.jpg

 にゃーんにゃにゃん。

KIF_0430.jpg

 にゃーんにゃにゃん。

KIF_0431.jpg

 にゃーんこ踊りだよーぉ。

KIF_0432.jpg

 虚ろな眼が痛々しい...

・ちなみにオーナーも警戒されていた。「母猫から引き離した悪いやつ(あたる)と、その仲間(オーナー)」というのが、当初の認識だったらしい。膝上で寝かしつけてやったり茶太狼との仲を取り持ったり遊んでやったりしても、なかなかこの傾向は改まらなかった。

・オーナーの猫傷は、殆どがヴィクトリカによるもの。いまもオーナーの左腕に残る初猫傷は、爪切り時につけられた。ええ、いまも憶えてます。あの痛み...。パワーのあるヴィクトリカの抵抗は常に流血沙汰を巻き起こした。が、生後半年頃から抵抗する際も爪を仕舞うようになり、流血沙汰は起きなくなった。えらいぞヴィクトリカ。

・オーナー宅に来て一ヶ月頃のヴィクトリカ。まだにゃんこ踊りさせられている。

KIF_0471.jpg

KIF_0471.jpg

KIF_0473.jpg

・あたるとの関係が良くなったのは、あたるがオーナー宅に同居するようになってから。長時間一緒にいて、可愛がってくれる相手にのみ心を開くらしい。現在に至るまで、尻上がりにあたるへの甘え度数は上がっている。

KIF_1403.jpg

KIF_2113.jpg

・今でこそ悠然と構えているヴィクトリカだが、当初は非常に小心だった。僅か1時間前に来たばかりの先客:茶太狼を見るなり、速攻フレームラックの下に隠れた。その茶太狼が面白がって追いかけると、シャーと威嚇するどころか、ミーッミーッとか細い声で泣くばかり。体格では明らかに優位なのに、泣いてばかりだった。

KIF_0404.jpg

・仲良くなった経緯は茶太狼の項を参照。

・茶太狼との遊びでは必ず負けた。いいようにあしらわれ、いつも茶太狼の後ろをくっついて歩く姿は、やんちゃな女の子について回る大人しい男の子そのものだった。

KIF_0404.jpg

・反面、おもちゃ狩りは独壇場だった。特にねずみのオモチャに対する執着心は凄まじく、必ず茶太狼に競り勝った。フェイントをかけても軌道を読み、簡単に破壊してしまう。天性のハンターと言っていい。

・初代おやつ魔獣。猫缶争奪戦でも茶太狼を圧倒していた。とにかく食う食う。茶太狼の分まで食う。二代目おやつ魔獣が誕生するまで、この傾向が続いた。

・根っからの女好き。幼馴染みの姉貴分:茶太狼は元より、白玉・小梅・シャルロッテにも強引にアタックしていた。残るポルテと小夏はヴィクトリカが好きなようだが、そういう子には興味が無いらしく、無視している。ある意味、プレイボーイ。

KIF_0404.jpg

・白玉は発情前に避妊手術を施したものの、いまだにヴィクトリカに襲われている。シャルロッテには何度も猛烈に反撃されて諦めたらしい。

KIF_0404.jpg

・茶太狼と小梅は、発情声をあげた直後にモノにした。

・茶太狼を嫁にした経緯は、茶太狼の項を参照。

・小梅とくっついたのは予定外だった。ヴィクトリカの去勢手術を遅らせたのと、小梅の発情が少し早かったこともあって、くっついてしまった。去勢手術を遅らせたのは、パパがまだ「男」のうちに子供に対面させてやりたいという、ちょっと欲張りな男親心だったのだが、欲張りすぎだった。ヲカマでも、パパはパパだしね...。

KIF_1966.jpg

・ちなみにパパは、小梅と不純異性交遊の疑いが出たその日、まだ目が開ききってない子供達に「男」のままオーナー宅で対面させた。そしてその直後、獣医さんの手によりヲカマになった。ところで獣医さんが言うには、こういうケースで男の子でなく女の子の手術を頼まれる事も結構あるそうな。それぞれ事情があるにしても、手術の際に本当に小さな小さな命を見つけて、そしてそれを絶やさなければならない当事者は獣医さんなのだ。

・ちなみに小梅との子供は全員里親希望者さんがついて、全員里子に出た。それぞれ飼い主の元で愛されて育っており、【ねこのみせ】にも遊びに来る事がある。

・実は両刀。子供の頃から美少年のにしんを組み敷いて、イケナイ空気を振りまいていた。いまでもたまに組み敷いている。乙女ロードの猛者に擬人化されてたらヤバかったとは当時のあたる談。

・当初は個人主義で、他の子の世話などしないタイプだったが、白玉&にしんがオーナー宅に来ると、茶太狼が世話するのを見て、真似するようになった。小梅&小夏など新加入猫が来ると、この傾向は更に加速、茶太狼を助ける形で、他の子の世話と統制の影の部分を司るようになった。

・子煩悩。孫煩悩。ベタベタはしないが、さりげなく舐めてやるので子供も孫も懐いてる。子供も孫も黒猫なので、3匹並ぶと壮観。

2005_12290020.jpg

・水道水が好き。出てくる蛇口も好き。でも、あたるが怒るので飲まなくなった。

KIF_2071.jpg

・喧嘩は強いが、滅多にやらない。例外は茶太狼に反抗する新加入猫。一度、マジで反抗した子がいて、右腕一発で黙らせた事がある。

・生後一年過ぎると、互角でじゃれ合える体格の子がいないため運動不足になった。で、ハラが出てきた。たぷたぷである。

・しかし、若い頃はスリムだった。見よ、このせくしーばでぃー

KIF_1164.jpg

KIF_1164.jpg

・ちなみにお値段3万円。


■入店の経緯

・人気の猫種ベンガルではあるが、最大の特徴であるベンガル模様が見えない黒猫だったため、売り物としての価値は低く、オークションサイト:ビッダーズに出品されていた。

・一方、勤め人だったスタッフあたるは、日々のストレスを可愛い猫写真を見る事で癒していた。そのひとつがビッダーズ。いろんな仔猫が見れるという不純な動機ではあったが、荒んだ会社員生活を乗り切るには画像でもいいから猫が必要だった。で、見つけたのがヴィクトリカ。

・根っからの黒猫スキーな上、困ったようなグリーンの瞳、なんともいえないモロ好み直球な容姿にもう運命を感じたらしい。そういえば茶太狼を飼う時、「自分はもう決めた子がいるんだ」とか言ってたっけ。あの火の出るような説得は、そうか、孔明の罠だったのk

・埼玉まで嬉々として引き取りに行ったあたる。帰路の電車中、ずっとミーミー泣かれたそうだが、お母さんと引き離してゴメンとか可哀想な事をしたとか言いながら、顔はにやけまくっていた。そうか、これも孔明の


KIF_0518.jpg


■経歴

2004/12/07 誕生。
2005/01/29 オーナー宅に。
2005/09/17 茶太狼を嫁にする。
2005/11/17 茶太狼3猫出産。パパになる。
2005/11/23 ヲカマになる。
2005/12/07 1歳の誕生日。
2006/01/27 小梅5猫出産。パパになる。
2006/07/24 息子シェーブルの嫁ポルテ出産。おじいちゃんになる。


2005_12260003.jpg

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこのみせ基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヴィ様の娘の千歳さんが、何故洗面台にハマるのかが良くわかりました。
……血筋以外のナニモノでもない……。

風邪引かせるのが怖くて出来ませんが、そんなところにすっぽりと丸くなられると蛇口をひねりたくてひねりたくてひねりたくて……。
Posted by 葉月 at 2006年10月19日 22:05
ヴィクトリカさんのファンなので、特集うれしいです!
でもやっぱり、あたるさんにしか懐かないんですね…(´・ω・`)
愛でてみたい猫No.1です。
Posted by クロエ at 2006年10月19日 23:40
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/533356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック