2009年11月27日

ケンカの仲裁方法 -茶太狼流-

■猫カフェ一覧修正-----------------------------------------

東京都: Nyafe Melange  2009/11/22 OPEN。恵比寿に新店ができました。関東圏では珍しい、靴を履いたまま入室するスタイルです。※靴履き入室は、元祖【猫の時間】さんをはじめ、関西圏では数店あります。
東京都: Cat Cafe きまぐれねこ  2009/11/22 ReOPEN。7月以降、順延していましたが先日リニューアルオープンしました。開店後も臨時休業が数日でています。サイトをチェックして来訪された方が良さそうです。
-----------------------------------------

少し前、お客さんが

 「滋賀の【ねこまるけ】さんのブログ、面白いですよ。
  昔のオーナーのブログみたいで」

と言ってたので、見に行ってみました。感想。

 「これはおもしろい」

猫カフェ来訪者が日々疑問に思うような事が、運営者視点でいろいろ書いてあり、や、確かにこれは飽きない。おもろい。という訳で、皆さんにもおすすめ致します。
今回取り上げるのは、ウチにとってもタイムリーなこの記事。


■ねこまるけで行こう!! ケンカの仲裁方法
http://nekonekomaruke.a-thera.jp/article/1900626.html


夫婦喧嘩や兄弟喧嘩は罪がないので良いのですが、そうではない喧嘩は扱いの難しい問題であります。放置してると悪化するし、かといって間に入るとしても、筋道が立ってないと猫がこっちに不満抱くし。
第一、仲裁してもまたやるんですよね。かといって、喧嘩ふっかけた方を叱っても効果無いし、喧嘩両成敗で両方叱ってもまたやる。どうやったらコイツら喧嘩しないようになるんだろ…と、昔、頭悩ませて出した結論が


ずずーん.jpg


 ・喧嘩しそうになったら、序列上位の猫の背後に立つ

というものでした。
こうなると序列下位の猫は動きが止まります。上位の子に喧嘩売るという事は、私、つまり最強の人ボスに喧嘩を売るという事になりますから。
勝てません。猫に勝てても、人には勝てません。

こうなると、喧嘩を売れば損をするのは自分、と下位の子は考えます。
上位の子は、喧嘩しなくても優位なので喧嘩する理由が無くなります。

って事で殆どの場合、喧嘩は止まり、両者の関係も落ち着いていきます。
先日、息子にボコられてストレスから粗相連発したシェーブルの事を書きましたが、

 脳天気猫:シェーブルの受難。
 http://nya-n.a-thera.jp/article/1893284.html

この対処法一週間で粗相は無くなり、息子との仲も元通り良くなりました。


2008_06060011.jpg


ちなみに猫の世界では結構上下関係がしっかりしていて、それが機能してる時は平和です。しかも序列も明快で、年功序列式。昔からこの場所に居る方が偉い。勿論、喧嘩の強弱も影響しますが、トップに立つボス猫が年功式を支持するので(そりゃそうだ)、それほど決定的な要素にはなりません。

ところがボスが不在だったり影響力が弱かったり、実力でボスの座を奪われると、喧嘩が多発します。ウチも、強力なボス猫夫婦が私の引退に伴って自宅に居る事が多くなり、お店に居る時間が減ってから喧嘩が増えました。今回のシェーブル受難は、息子がボスの座を狙った、その矢面に立ってしまったのが主な原因。
猫ボスが居ない時は、人ボスが代行するのがやっぱりスジですよね。


ところでこの【喧嘩しそうになったら、序列上位の猫の背後に立つ】という対処法は私の独創ではなく、


KIF_1224.jpg


偉大なる我らがボス、茶太狼の挙動で思いついたものです。


KIF_1101.jpg


その昔、預かってた野良猫がですね、事あるごとに白玉に喧嘩売ったんですよ。白玉優しいし、小柄だし、大人しいし(おやつの時は魔獣だけど)。手っ取り早く叩いて序列上げるには、格好のターゲットだったんですね。
ところが一発入れようとすると、いつの間にか白玉の背後にボス猫:茶太狼が居るんですよ。それを見て、茶太狼にメロメロ(死語)な最強黒猫ヴィクトリカもやってくるのですよ。となると、その野良っこは手を出せず、むしろみんなで楽しく、という方向に誘導されるので、そのうち


KIF_1107.jpg


こうなり、


KIF_1146.jpg


こうなりました。

まあ、これで100%喧嘩が解消される訳でもなく。
実際、小梅が愛人問題でグレて喧嘩売りまくった件では全く効果がありませんでした。結局有効だったのは、小梅を全く別の環境に預けること。
【ねこまるけ】さんの場合も、扱いの難しい大人猫主体のお店なので、ウチとは別のやり方の方が有効かもしれません。

とりあえず、ウチの茶太狼流のご紹介、ということで。

■注
茶太狼流の神髄は、喧嘩を止めたあとの両者へのフォローです。当事者二人がきまずくならないよう、恥をかかせないよう、茶太狼はいろいろやってました。わたしゃその半分も出来てません。ハイ。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 15:02| Comment(3) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
猫社会、すごい!奥が深いですね〜
Posted by ねこふぁん at 2009年11月28日 03:13
ねこまるけの人店長です。
ブログを紹介していただきまして、ありがとうございます。
いきなりアクセス数が倍近くになってたので、
なにが原因かと探っているうちに、こちらで紹介していただいたことがわかりました。

いろいろな疑問にお答えするという企画は、
「なんども同じ設問に答えるのメンドイ」という、
私のズボラな性格から始まったモノでしたが、
それなりに好評で感謝している次第です。

これからもちょくちょく役に立ちそうな猫カフェテクニックやマナーなどを書いていく予定ですが、
もし、間違った事なんかを書いた時には、ビシビシ指摘してください。

お返しと言っちゃなんなんですが、当方のブログでもこちらのブログを紹介させていただきますので、なにか支障があればご連絡ください。

以上、長文コメント失礼しました。
Posted by 人店長 at 2009年11月28日 11:07
>ねこふぁんさん
猫も人間も似たようなもんです。ドラマみたいに毎週猫関係に変化があって、ある意味飽きません。

>人店長さん
トラックバックしてたんですが、うまくいかなかったようで…
私の場合は、お店でお客さんと話す時のネタ用に書いてたので、引退したらめっきりその手の話が無くなりました。現場に居るのって、やっぱ大事ですね。これからも折に触れて紹介していくと思います。宜しくお願いします。
Posted by ねこのみせオーナー at 2009年11月28日 23:03
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1904487
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック