2009年07月31日

猫カフェ経営上の問題2

ちょいとまとめづらいので、wikiの【猫カフェの経営と問題】をベースにさせてもらいましょう。良い記事なので、皆さんもどうぞ。

 猫カフェ - Wikipedia

2009_07230069.jpg


【店舗面積に対して客単価が低い】

正にその通り。

客単価自体は¥1000前後と低くありませんが、客席数が少ないこと、回転率が低いことが原因です。客席数の少なさは、余剰スペースの多さが主因。猫が遊んだり休むスペースや、人が猫と遊ぶスペースを確保する以上、当然とも言えます。
回転率の低さは、来客数の少なさみたいなもの。そりゃ一般的なカフェと比べたら全然少ないですわな。人通りの多い一等地に店を構えてないという事もありますが、ビルの2階以上に開いてるのもネックです。
そして何より、【日常的に使うカフェというより、非日常的に楽しむ小規模アミューズメント施設】という使われ方が多い事が原因でしょう。もちろんそうでない方もいますが、まだまだ少数派です。結果、来客数はカフェと比べて低い水準にあります。


2009_07230070.jpg


【多くの店舗では、その店舗のマスコット的な猫をブログや動画投稿サイトに投稿するなどのアイドルさながらの売り込みを行っている。】

これはどちらかというと少数派じゃないかなあと思うのですが、いかがでしょう?全国ざっと70店舗の関連サイトを見てみると、そんな感じです。
アイドルさながらの売り込みは、どちらかというとWEB上ではなく、本やDVDといった出版社さんな気がします。といっても、出版物はそういう売り込みするのが基本ですから、当然と言えば当然。お店の方はというと、アイドルとして祭り上げてるというよりは、単純に可愛くてしょうがないといった感じがします。
誤解が無いよう書いておくと、そう思ったのは、最も成功した愛知県御器所: 猫カフェ なーごなーごさんのたわしねこの件です。ブログ見てるとホント、そんな感じでした。ちなみにウチは出版系の話は殆ど来ませんですハイ。


2009_07230071.jpg


【過当競争によって資金面で猫の管理が追いつかず、不衛生な環境にさらされている店舗も散見される。】

どちらかというと、資金面というより愛情問題ではないかと私は考えてます。
勿論、資金が無ければクリアできない問題もあります。糞尿臭は清掃しても限界があり、根絶するには猫トイレを客席から完全隔離し、臭気を外に逃がす工事が必要です。治療が必要な病気には、病院代が必要です。無理な妊娠出産を無くすには、やはり避妊去勢手術のお金が必要です。
ですが、お金が無くても猫に愛情を注ぐ店であれば、衛生面はかなり改善されます。掃除を徹底してトイレ臭気を減らす、目やにをとる、爪を切って猫同士の怪我を防ぐ、病気の子を休ませる、無理な妊娠出産が無いよう、適齢期の子を分けるなど。
ああ、書いてて耳が痛い。


2009_07230072.jpg


【店舗の閉店の際、猫の引き取り先が見つからない場合は保健所での殺処分や野良猫化といった問題が発生する。】

その通りです。
自分の猫だから自分が引き取るという店主さんもいますが、そうではないタイプの店主さんも当然ながらいます。趣味でやってるか、事業でやってるかが大きな違いでしょう。
事業として猫を扱ってる似た業種:ペットショップさんの事例を見ると、閉店時にはとにかく色んなツテを使って引取先を捜し、駄目なら保健所持込→殺処分というコースが多いようです。放置・投棄といった事例も、やはりあるようです。

ちなみに1店舗あたりの猫数は近年増加傾向に拍車がかかってます。個々の店が少しずつ猫を増やしている事もありますが、店舗の大型化も背景にあります。猫を一定時間ごとローテーションして客室に出す方式も浸透すれば、1店舗あたりの猫数は更に増えるでしょう。
ペットショップに無い独自問題として、猫の高齢化があります。長く経営すればするほど、老猫は増えます。先住猫との親和性、病気の可能性など、ネガティブ要素が仔猫より多い老猫は、引き取り手を捜すのに苦労するでしょう。


2009_07230053.jpg


思うところをつらつら書いてると異様に長くなったので、ばっさりカットして簡単に。
しかしなんというか…、純粋に事業として猫カフェを見ると、つまりビジネススクールや経営者的視点で見る人には、上記問題点はあまり響かないですね。罰則とかキツくないし。せいぜい、収益性が高くないってことぐらいでしょうか。


2009_07230054.jpg


次回は、【良い猫カフェの見分け方】でも書いてみましょう。
その方がおもしろそうだ。
ともあれ、wikiの猫カフェ項目作成者さん、ありがとうございました。


■おまけ

2009_07300002.jpg


アガーは元気です。夜寝ようとしたら暴れ回ってくれました。おかげで午前6時まで寝れませんでした。はよねろ。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1798951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック