2009年05月16日

命日

2009_05160043.jpg


今日、娘初の遠足から帰ったら、何故か【えこ】の写真と一番に目が合いました。


 「そういえば、今日なんにちだっけ…?」
 「16日」
 「命日、昨日だ」


【えこ】というのは、昨年5月、ウチに来た捨て猫でして。
紙袋に入れられて河川敷に捨てられ、拾われた時には手足の肉球はずるむけ、ピンクのお鼻もずるむけという、非常に不幸な猫でした。更には池袋への移動中、兄弟が亡くなり、自身も町田移動後僅か12日で急死という、まったくもって生まれてこの方いいことあったんかなと思える猫でした。


2009_05160033.jpg


一年後のほぼ同時期、同じ境遇のぼたことサトシが加入。
少なくとも自分だけは浮かれ過ぎないよう、えこの命日にはお線香を、と思ってたのですが、このていたらくです。
忘れずにいる、ってのも難しいものですね。


 「あー、昨日なんで気づかなかったんかいなー」
 「一昨日、娘が39度の熱出して、
  昨日も遠足行けるかの境で相手してたからじゃない?」


理由は幾らでも後付できるけど、結局は言い訳ですよね。来年は忘れないようにします。


2009_05140012.jpg


ちなみに、約4年お店やってきて、亡くなった子は3猫。

■あむ
シャルロッテとにしんの子供。人猫通じて、うちが最初に授かった子。産まれた時、既に息をしていなかった。

■えこ
今回のお題の子。

■夜露
ぼたんとサトシの兄弟。うちに来るまさにその当日、保護先の動物病院で急死。


2009_05140012.jpg


いずれ、猫の誕生日より命日の方が多く日が来るのでしょう。
新しい子を愛でるのと同じくらい、亡くなった子も愛でたいと思います。


■追記
5/15はえこの火葬日で、命日は5/14でした。
記録メモすら書き間違えてるなんて、当時かなりテンパってたみたいです。えこ、ごめん。

湿っぽい話になりましたが、かなりブルー入ってるんで今日は勘弁してください。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ねこのみせ今日の店内。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーナー様のお優しいお心、必ずえこちゃんに届いていると思います。
私の息子猫は、私の大事な方の誕生日に死んでしまったので、その日付は忘れようがないのですが、でも…
死んでしまったその日の日付を覚えているより、たとえ数日でも一緒に過ごした「時」を、ときどきでも、たま〜にでも、思い出して「えこちゃんが居た」ことをオーナー様のお心に残していらっしゃれば、それがなによりのご供養かと存じます。
日付に縛られて、お忘れになって悔やまれること、えこちゃんは望んではいないと思います。
さしでがましい発言、ご容赦いただければ幸いです。
Posted by キャオ母 at 2009年05月17日 01:36
えこは、間違いなく、少なくとも一つは良いことがあったと思いますよ。
それはオーナーに出会ったこと。
それだけで、えこが生まれてきて良かったと思えるかどうかは、本人のみぞ知るところですが、でも、オーナーに拾われたことは、えこにとって、少なくとも一つは、幸せなことだったと思いますよ。
Posted by ねこちょっぷ at 2009年05月19日 10:29
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1736214
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック