2006年01月18日

ホリエモンを占ってもらいました。

占い師:Riricoさんが遊びに来ました。

ついでに占って貰いました。
お題は時事ネタという事で、ズバリ時の人、

 「ホリエモン!」

さーて、どーなるかなっと。
まずは14枚引いて占う、本格的な¥2,500バージョン。


最初の一枚。
現状のカードをRiricoさんが引きます。
現れたのは...

 剣で滅多刺しにされたホリエモン。

じゃない、滅多刺しにされた人のカードでした。

 「うわ、モロ」
 「そのまんまだ!」

爆笑に包まれながら、更にカードを引いていきます。


2006_01180001.jpg


【人】のカードが多い...
【ペンタクル】、つまりお金のカードも多い...

しかも逆位置、上下逆のリバースばっかり。
素人目にも、多くの人とお金が関わってて、悪い状況だという事が見えてきます。

 「ボコボコですね。人のカードが多いのが気になります。
  おそらく、たくさんの方が関与されてるのでしょう」

現状は滅多刺し。
今回の件は想定していたケースではあるが、多くの人が関与しており、身動きできない状態。
大事件ではあるが、始まりは軽率な行動。

などなど、Riricoさんの占い結果判断が始まります。
唯一、正位置の偉そうな人のカードがでているので、

 「これ、どういう意味ですか?」

と聞くと、

 「頭のいい人が背後にいますね。
  この人が今後の展開の鍵になるでしょう」

とのこと。
さて、誰なんでしょうね。
渦中の財務担当取締役さんなのか、村上さんだったり、まさか新春番組でお世話になってた細木和子センセだったり。

で、今後のホリエモンはというと。

 「相当苦労しますが、これで終わりませんね。
  なんとか立て直します。
  が、暫くは混乱収拾に忙殺されるでしょう」

さすがホリエモン。
滅多刺しカードが出ても笑いがとれるのは、みんなコレで終わらないと思ってるからです。




さて、ここからが本題。

 「タロット5枚引きで占うと、どうなるかやってもらえませんか?」

そう、料金¥1,000のお試しメニュー作ろうと思ったのですが、3枚と5枚、どちらが適切か判らないのです。
という事で、まずは5枚で占い。
お題は勿論

 「ホリエモン」


まず1枚目。
剣を持った人が現れる。
2枚目、木の枝を山と抱えた人が出てくる。

 「またですか!」

結局、似たようなカードが揃いました。


2006_01180002.jpg


 「今回も、【人】のカードばかりですね」
 「ホントだ」

全部人のカードです。
結果も同じ。
ただ、枚数が少ないだけに、素人目には14枚の時より判りづらい感じがありました。
物事の背景など、細かいところは5枚だと表現しづらいのでしょうね。


 「じゃ、今度は3枚で」


1枚目、災厄の塔のカード。

 「わかりやすっ」


2006_01180003.jpg


右端が過去。
災厄の塔のカードですね。言うまでもなく強制捜査の件の暗示です。
逆位置なので、多少マシな災厄だったという事なのでしょうか。

中央が現在。
感情を表すカップの山を置いて舟を漕ぎ出してます。
ただ、月夜でゆっくりといった感じなので、あまり良い感じではないですね。

左端が未来。
なんか剣を2本持ってます。
バランス取ってますが、なんか危なっかしい。


ただ、3枚だと判りやすいですね。
素人でも直感で結果が想像つくし。

よし、¥1,000メニューは3枚にしよう。




で。
結局、14枚、5枚、3枚とも、同じような占い結果となりました。
解釈次第というレベルでなく、絵柄の傾向からして似ているので、かなり当たるというか、少なくとも判断する上での参考になるでしょう。



■で、ここからは宣伝。
今回占って貰ったRiricoさんは、毎月第三週の土曜日に来られます。
次回は今週末

 1/21(土) 15:00〜19:00

です。
この日は店長かあたるがトップバッターで占って貰う予定ですので、興味のある方はご覧になってください。
また、占い希望時間のある方は事前にメールしてくださいね。

主なお題は

 ・仕事運
   辞めるべきか、耐えるべきか。
   これからの仕事環境はどうなるか。

 ・恋愛運
   幸福は訪れるのか。
   何が問題でオトコorオンナが寄りつかないのか。

 ・旅行運
   行くならいつがいい?
   旅先で気を付ける事は?

 ・相性
   あの人との相性。
   あの猫との相性。
   うちの猫との(以下略

といったところです。
料金は今回から変更になりまして、

 □通常コース ¥2,500
  カードを14枚引いて占います。
  物事の背景など裏面もカードに出ますので、
  詳しく占って欲しい方向け。

 □お試しコース ¥1,000
  カードを3枚引いて占います(相性は4枚)
  細かい点や背景は判らなくても、ざっくり占いたい場合はこちら。

となりました。
猫との相性や猫が何を考えているか占う場合も、この2コースとなります。



今までの占い履歴は、こちらを参照してください。




■お土産(明日消します

 http://chicomecohuatl.cot.jp/neko/2006_01090025.AVI
 http://chicomecohuatl.cot.jp/neko/2006_01110001.AVI

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 20:30| Comment(1) | TrackBack(0) | タロット占い。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大雑把な店長の事だから、大雑把な事書いてるんじゃないかとRiricoさんが心配して本当の分析結果を送ってくれました。
多謝。

これを見て、店長の大雑把さ加減を笑ってやってください。

-------------------------------------
家に帰る途中、ホリエモンを占う!の
3枚の占い結果が分かりやすいように
(てか、店長がブログを書きやすいようにw)
ちょいとカードの意味を考えながら電車に乗ってました。


■3枚の説明

過去…塔(逆)
   意味としては、予想の範囲内でのトラブル、誤算、小変化等

現在…カップ8
   意味としては、放棄された成功、立ち去る、衰退、
   他に目をむける等

未来…ソード2
   意味としては、平和の回復、バランス、つかの間の平和
   相殺、行き詰まり等

これを見る限りでは、多分、過去の「塔(逆)」からいって
ホリエモンは事件に関与していた、又は知っていた疑いは強いですね。
ただ、やはり誤算というキーワードにもあるように、
そこでGOを出した事が彼の最大のミスだったのではないでしょうか?

現在の「カップ8」からみると、今はただ何とか事の収集をして
少しでもよそに関心が行くように、平穏無事にしていきたい
という感じがします。

未来の「ソード2」
これが妙に気になっていたのですよね。
大規模展開の奴には「ペンタクル2」が最終結果の最後を飾っていたし、
ちなみに「ペンタクル2」はやりくり、回復、調和に向けての変化
等の意味があります。
大きいカードの展開の方は、他のカードともあわせて読むのですが
どちらも最終的には回復に向かうけれども、
回復への道は厳しく、その回復もかなり危ういので
かなりしっかり考えて行動をしないとまずいって感じですね。

って感じで、3枚だと読むことができますw


■14枚(フルセット)

フルセットだと、現在の障害や助けになるもの、その裏の背景や質問者の深層心理や弱点、今後の事態の展開状況や周囲の状況なども
全てみて、導いていくって感じですね。
(そりゃ、10〜15枚と3枚じゃ〜ねぇw)
因みに、ホリエモンさんの人物カードはかなり凄かったです(汗)
あれだけ人物カードばかりって珍しいケースです。
相当、人間関係も複雑な中にあるのでは?って感じです。
その中でも、きっかけになった人は過去に出ていたワンドのペイジ(逆)。
ホリエモンの部下か何かかなり下っ端の方だと思いますが
でしゃばりでわざとらしい振る舞いをするようなタイプの方だと
思いますw
「ペンタクル10(逆)」も出てましたし、直ぐの浮上は中々難しい
かもしれませんね。
いつかは復帰してくると思いますが…w
--------------------------------------
Posted by ねこのみせ店長。 at 2006年01月18日 21:39
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/168841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック