2009年09月06日

今回は2号店の話。

■猫カフェ一覧修正-----------------------------------------
  福岡県天神: neko cafe keurig 今泉店 2009/09/05 OPEN
天神の2号店が開店しました。告知が前日と、かなりバタバタしたようです。2号店は、ある意味1号店より気が抜けないですよね。
  東京都白金台: ねこなでカフェ 2008/08/08 OPEN
9月より【猫なでカフェ】さんより名称変更です。システム若干変わってます。こちらもバタバタしたのか、サイトが若干崩れちゃってるようです。
-----------------------------------------
200907100196.jpg


今回は2号店の話。
【ねこ・JaLaLa】さん、【猫の時間】さん、そして今回の【neko cafe keurig】さんと、2号店を出すお店も増えてきましたね。よし、ウチも2号店目指してがんばるぞーという店主さんも居ると思うので、猫カフェで2号店を出すのがどういう結果を招くのか、ちょっくら書き出してみます。

まず、勢いは出ますね。現状維持より成長拡大の方が、そりゃ景気いいに決まってます。周りからの目も変わります。

仕事量は2倍ではなく、4倍になります。少なくとも、立ち上げ前後半年〜1年は。2号店を作るという事は、1号店を作るのとは全く違う作業・能力が必要になります。特に、組織化・システム化という言葉が嫌いな方は苦労するでしょう。

売上は増えます。借金も増えます。
しかし、お金以上に深刻なのが


2009_09040031.jpg


猫との距離。
確実に離れます。

当然の話で、1号店(本宅)に居る時間が減り、しかも戻ってきたら知らない猫の匂いをつけてくる。
浮気なら大目に見よう。でも何?半分以上の時間を、別宅(2号店)で過ごしてるんじゃない?あっちの方が本気?そんな不実な人が親ぶって抱っこなんて!


2009_06180046.jpg


と、こないだ、タヌ吉に叱られました。
目を見ると、ジト目。
ひええ…


他の子も全体的に、反抗的というか何というか。
浮気した父を見る娘の顔ですな、あれは。
とりあえず自宅に連れかえると機嫌が直るんですが、浮気の原因である2号店行きは止まらないのですから、根本解決にはなりません。

その分、2号店(別宅)の猫たちが心の支えになってくれればまだ救いがあるのですが、あちらはそれこそお客さん扱い。一緒に暮らしたり、ずっと一緒に居てくれるのは2号店スタッフであって、店主ではありません。


200907100261.jpg


私もエド可愛がってたんですが、そのうち疎遠になりましてね。ええ。駄目ぽです。


で、結局、両方の猫の愛情を失ってしまうと、そういう羽目に陥らないとも限りません。勿論、まめに可愛がることで、猫も前と同じように懐いてくれますが、2号店を作ると、1号店の猫も2号店の猫も、店主から離れていく圧力が常時働きます。

人スタッフについても、似たような事が言えます。身体は一つしかないので、どちらかに店にしか居れない。店主が居なくても上手く店を回すには、店主が居ないのが当然と想定した店に切り替える必要があります。ここでも店主は現場での居場所を半分以上失う訳ですね。


と、いろいろ書きましたが、要するに

 【ずっと猫たちと一緒に居たいので猫カフェをはじめました】

という純真な店主さんが、2号店を作って「こんなはずじゃなかった」というのを見たくないと、まあそんなとこです。

ちなみに、【猫好きだけど触れ合う機会が無い、という人を少しでも減らしたい】とか【猫カフェに来て喜んでくれる人を見てると嬉しい】といった理由でやってる方には、止める理由はありません。ただ、健康には気を付けてくださいね。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 17:24| Comment(2) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする