2009年08月13日

皮膚病にも色々ありまして −299皮膚病な話 続報−

前回
http://nya-n.a-thera.jp/article/1806826.html

病院で培養結果が出ました。当たり。真菌だそうです。おお、ポルと同じ白癬菌か?と思ったらマラセチア真菌だそーで。

マラセチア真菌は皮膚常在菌の一種。人間にもいますね。普段は悪さしないんですが、まあ、こいつは脂が大好きでして、皮膚が脂祭りになったり、皮膚の環境が変わるとファイヤーします。このあたり、【もやしもん】の世界ですね。


2009_04280239.jpg


ブライヤは299随一の脂男ですし、季節は夏。そして今年1歳の、青春真っ盛り。ブライヤ油田も景気よく噴出って訳です。


で、ファイヤーするとどうなるか。
皮膚が炎症起こしたり、毛根周りが炎症おこしたりして、しまいには毛が抜けてしまいます。つまり、ぶーは現在、ハゲ。復帰しても笑わないであげてね。

ちなみに処方してもらった抗真菌剤のおかげで快方に向かってるそうです。白癬菌と違って感染のおそれはないので(最初からみんな持ってるし)、獣医さんの許可が出れば早めに復帰できるでしょう。


IMG_0075.jpg


ちょっと気になるのがアポロ。
脂性じゃないし、もしかするとブライヤとは違う原因かもって気がしないでもないです。現在、動物病院の検査結果待ち。


ちなみにマラセチア真菌以外の皮膚トラブルでは、前回書いた白癬菌。いわゆる水虫が代表格。当然ながら人間にも感染しますし、逆に人間の水虫が猫にうつる事もあります。48時間以内に洗い流せば(猫の場合は舐め取れば)定着しないので、過度に恐れる必要はありませんが、人間同様、一人発症したら同居人全員感染の危険もあるので注意が必要です。
前回書いたように、町田ではニキビや舐められすぎの子が感染しちゃいました。

このほか、ノミも皮膚トラブルの代表格です。
草むらを少し歩くだけで卵がズボンにつく事があるので、ふつーにお客さんやスタッフがズボンにくっつけて来てもおかしくありません。事実、こないだアルからノミの死骸が一個でてきました。フンとか皮膚トラブルなかったので、単純に死骸がくっついただけかもしれませんが、割と身近な存在ある事は確かです。もっとも、いまはフロントラインという便利な予防薬があるので、定期的につけてれば怖いものではありません。

ノミより身近な、ダニ。
どんな家庭でも必ず居るダニですが、これも皮膚トラブルの原因です。主にヒゼンダニってのが皮膚にトンネル掘って住み着くのが原因なんですけどね。身近な存在ですが、掃除機ちゃんとかけて、清潔にしてれば大きな問題にはなりません。

シラミ。
人間でも、ずーっと不潔にしてたら発生する代物ですが、普通に清潔にしてれば大丈夫なので、かなりレアな部類になってます。

あとはストレス。
対人ストレスでハゲた、なんてのは人間だけでなく、猫でもありえます。仔猫のアポロにそれはないでしょうが。

アレルギーも人間同様、あります。食べ物アレルギーとか。サイエンスダイエットは体質に合わないぜーとかいう可能性も…ゼロじゃないですね。

ともあれ、猫の皮膚病も色々ありますが、結構人間と同じ原因のものが多いですね。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 16:41| Comment(3) | TrackBack(0) | TIPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする