2009年04月23日

昨日の続きです。

実は昨日の朝、猫が死にました。

ウチで引き取る予定だった捨て猫さんで、まだ生後二週間くらいでした。とても親切丁寧な動物病院さんが保護してた子だったのですが、前日まで元気だったのに突如体調を崩し、点滴などの処置も甲斐無く亡くなったとのことです。

4人兄弟の一人でした。一人は里親さんが見つかり、もう一人はあたるが指名し、そして今回亡くなった子が、私が引き取ると決めた子でした。
あと一人が残っているので、宜しければその子を如何ですか?と聞かれました。その子と亡くなった子で私が迷ってたので、声をかけてくれたのです。

が、まだ引き取ってないとはいえ、自分で引き取ると決めた子です。亡くなったからといって、じゃあ次、という気分にはなれませんでした。しかしながら、あたる指名の子が当日昼に来るので、そのとき一緒に連れてくるか回答しなければいけませんでした。
引き取ることにしました。

でもやっぱり、新しい子を可愛がる前に、亡くなった子にやれるだけの事をやらないと、という事で、せめて名前を付けようと決めました。

しかし、その子達を見に行った時、まだ体力も無さそうだし、触られるのも疲れるだろし、どうせウチ来たらたっぷり触れるからと、あたるが抱っこしたりするのを横から見るだけで、あまり触ってなかったのでした。
当然、その子に合った名前のイメージは出てこず、もっと抱っこしたり触ったりすればよかったと思ったのでした。


そこで連想したのが、平安時代の【伊勢物語】。
その中の一節に似たような話があり、そこから名前を取るか…と決めたのが先ほどでした。

そんな状態でしたので、色々告知が漏れてて済みません。
いろいろ頭から吹っ飛んでました。

ちび達にベタベタするのは名前を決めてからという事にして、さしあたり、気持ちの整理が済んだので、諸々告知事項をこちらに書いておきます。


■池袋299との交換留学
にゃんズの様子からして、もう少し延長した方が良いと判断し、来週4/28(火)までにのばしました。
チョフとシェーブルが町田に出てくるのは4/29からです。

■カールアップカフェさんとの交換留学
ほんのり色気づいてきたあがりをお婿さん候補に見せるべく、第二次交換留学を昨晩開始しました。カールアップカフェさんからは、CUC最弱猫ロナウジーニャくんと、同じトンキニーズの月光くんが来てます。

ウチからはあがり…ひとりじゃなんだし、あと誰がいいかな?梅もう一回いく?茶太狼はウルブラ問題でいまだ少しナーバスだし、こぐまは少々調子乗りすぎだし…え?こぐまがいいっすか?こいつ、超小心者っすよ?あ、こぐまがいい?いやいや、じゃあお願い致します。

という訳で、あがりとこぐまが交換留学で出ました。二〜三週間が目安です。

■ちびちび猫がオーナー宅に来ました。
例の子たちです。カールアップカフェさんが、ついでに連れてきてくれました。まだ生後二週間くらい。兄弟ひとりが突然死したので、しばらくは体力増強のため自宅で育てます。
お店に出てくるのはGW明けくらいが目安。ちびちびの調子次第で多少前後します。


■ちょっとしんみりさせてしまった方に、少し愉快な補足説明
亡くなった子の名前出典となる【伊勢物語】について。

これは元祖ブロガー:清少納言も愛読したという物語本で、「むかし、おとこありけり…」で始まるくだりは古文授業で聞いた事ある方も多いでしょう。
作者不詳ですが、元祖ダンディ中年:在原業平が作者ともモデルと言われてます。

在原業平は美男で、鷹狩の名手で、六歌仙の一人に数えられるほどの歌人。皇族嫡流の出でありながら臣下に下ったものの、それを恨みに思うでもなく、自由奔放というか、奔放すぎて絶対処女の伊勢斎宮にまで手を出してしまうほど。

今回絡みの一節も、色恋沙汰でして。
手の届かない高嶺の花を盗み出して駆け落ちしてる途次、「アレナニー?(n‘∀‘)η」と聞く女。捕まったらヤベーからと無言でダッシュする男。雨が降ってきたので女を小屋に入れて番してたら、女は中で死んでました。

せめて「アレナニー?(n‘∀‘)η」と聞かれたとき後回しにせずちゃんと答えてあげればよかったと後悔しても後の祭り、その時その時を大事にしろと、そういう話ですな。耳がいてえ。


ちなみに名前は、ダンディ業平の通称:在五中将から取って【在五(ざいご)】にしようか【中将】にしようか思案中。


2009_04230134.jpg


明日は、ちびちび特集。
こたつにもぐるようになったウルブラ特集もしたいし、池袋でのシェボチョフも書きたいし、ネタがつきない。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 12:24| Comment(1) | TrackBack(0) | ねこのみせ今日の店内。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする