2009年01月15日

神キタ(゚∀゚)!!!!  ではなく 仏キタ(゚∀゚)!!!!

090115.jpg


 「こいつぁスゲェぜ!」


寺ですよ、寺。
猫カフェもここまで来たら神というか仏。

これは生で見ねばならんと、あかねこていの中の人に連れてって貰いました。なにげに猫カフェ一緒に行くのって初めてじゃなかったでしたっけ?ありがとうございます。一人で行ったら絶対見つけらんなくて泣いて帰ってましたよ。


2009_01100142.jpg


という訳で。
よほど覚悟据えてないと店の入り口すら判らず帰る羽目になる、そんな場所に【猫寺‐祐天寺庵】はありました。


2009_01100083.jpg


っつーか判らなすぎです。
ここ?ここなの?ここじゃないよね?看板ないよ?民家だったらどうするの?開けたら困った顔のおばあちゃんとかg...

 「いらっしゃいませ」

...イケメンお兄さんがお迎えしてくれました。


2009_01100046.jpg


ともあれ、案内を受けて2階にあがると、さっそくあたるがモテモテに。


2009_01100039.jpg


モテモテに。


2009_01100033.jpg


私もモテモテ。


2009_01100037.jpg


主にバッグが。


2009_01100040.jpg


オイ。


2009_01100041.jpg


オーイ。


2009_01100110.jpg


まあ何はともあれ。さすが隠れ家猫的カフェ。猫がスレてないので、えらい釣れます。この穴場っぷりはトップクラスじゃなかろーかと。


2009_01100092.jpg


しかし、築60年の古民家に洋猫とは。
なんかシュール。


2009_01100091.jpg


 「俺もそう思うだけどさあ..」

とか言いたげなヒマラヤン。


2009_01100059.jpg


しかも2階にはスタッフ居ないんで、悪いひとが来たら悪戯されまくっちゃうんだよねー。


2009_01100112.jpg


こんな風に。


2009_01100116.jpg


かわいこぶりっこのポーズ!


2009_01100120.jpg


やめておくれやす。


2009_01100129.jpg


ウソー


2009_01100133.jpg


えらい甘え上手な子やな、おまえ。


2009_01100134.jpg


誰かに似てると思ったら、眼が白玉っぽい。この眼は甘え上手の印か。

ともあれ1時間余の滞在で満足させていただきました。
6畳和室に板の間なので広くはありませんが、完全予約制の貸切状態なので開放感。3猫は人懐っこく、実にくつろげます。勿論、古い建物なので快適とは言い難いですが、あれですよ、歴史ある旅館に遊びに来ました、部屋に猫が居ます的な雰囲気はたっぷり味わえました。

もう一回行く?と言われれば、や、一回でいいかなと回答しますが、行った事ない人には是非薦めたいですね。


猫寺‐祐天寺庵
 11:00〜26:00(平日と休日)
 定休日:年中無休
 営業形態:完全予約制
 30分1,000円(1ドリンク付き) 以降15分毎300円


■余談


2009_01100072.jpg


この戦いで、あたる自作の携帯ストラップが


2009_01100073.jpg


死にました。


2009_01100069.jpg


判る人が見れば判る、例のアレです。


2009_01060020.jpg


在りし日の姿。


2009_01060019.jpg


作った翌日には片足もがれたんですが、足なんぞ飾りです偉い人にはそれが判らんのですとか言ったら


2009_01100001.jpg


そう言われた機体は、首もがれるのが運命らしい。

ニックネーム ねこのみせオーナー。 at 19:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 猫喫茶いろいろ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする